トップページ | 短納期 | 支払い | プリンター | ミニ  | イベント | 通販
費用  | ティータイム | 宴会 | 宿泊施設 | 色褪せ | サイトマップ

 

のぼり旗の製作にあたり

色褪せについて

オーダー幟せいさくキョウトノレンカブシキガイシャ店の存在を知らせるのに一番効果的で認知度も高いのがのぼり旗です。

これがあると何かがあると認識してもらえますし、風で揺れることで
自然と視界に止まりやすいという人間の特性にもマッチしています。

場所も取りませんし、準備も難しくなく手軽なのもポイントです。
しかし、長い時間外の環境にさらされるために色褪せが起こりやすいのも事実です。

これは少しいい生地を使ったからと言って変わりません。
特に日本は雨が多く、台風や山風や海風などもあるので痛みやすいのは仕方ありません。

色褪せそこでのぼり旗はデザインや目立つことなどは第一ですが、激安を狙う方がお得です。
理由はそれだけ交換することも増えるので、ある程度1本あたりの金額を抑えておく方が
トータルで見ると負担が少なくて済むためです。

費用が負担でのぼり旗をやめてしまうよりも、手頃なものである程度の期間
アピールを続ける方が宣伝効果もあります。

激安と言っても色や入れる言葉、デザインなどは妥協しないことも大切です。

目立つ旗、さらに何が売りなのかが一目瞭然のデザインにしておくことで印象に残るようになります。お店の印象

旗の内容と続けていくことが認知度やアピールにつながりますので、できるだけ費用を抑えつつ、
傷んだ時にはすぐにきれいなものと交換できるようにして清潔感をキープできるのぼり旗の方が
印象も良くなります。

色褪せたまま値段が高い旗を使い続けるよりも、ぱっと見の印象やイメージも断然良くなります。

 

Copyright(c) 2015-2019 NOBORI Inc. All Rights Reserved.